漬けるドットコム
HOMEサイトマップお問合せ
おいしい漬物漬けるドットコムHOME おいしい漬物漬けるドットコムショッピング おいしい漬物つけものレシピ集 おいしい漬物マメ知識 おいしい漬物お問合せ おつけもの掲示板 おいしい漬物サイトマップ
HOME >> 梅干を作ろう! >> 梅に関する知識あれこれ
梅に関する知識あれこれ
意外と知られていない梅の知識を、ズバリお教えいたします。
* 梅の種類
* 梅の季節
* 三日三晩の土用干し
梅の種類
梅は英語で「ume/Japanese apricot」となり日本の文化に溶け込んでおりますが、もともとは中国から伝わり、バラ科の落葉小高木になります。

梅は果実の大きさによって以下のように分類されます。

 (1)小粒種(甲州深紅、甲州最小、竜峡小梅)
 (2)中粒種(南高、玉梅、花香美、玉英)
 (3)大粒種(豊後)

梅漬けはすべての種類で利用されますが、梅酒は(2)、(3)などの比較的粒が多き目のものが用いられることが多いです。

梅の季節
梅と言えば梅の花が咲く2.3月、そして梅の実ができる6月の季節を思い出しますが、スーパーや八百屋に並ぶのもほぼこの時期です。
かなりスポット的なので、いい梅を逃さぬよう注意したいものですが、昔から梅は季節を表現するのに用いられるようです。

「梅の季節に・・・」なんてよく聞きますし、なんといってもこの時期をさして梅雨(つゆ)という言葉が使われます。
雨と梅は全く関係ないのに時期がだぶるイメージが強いのでしょう。
また梅雨に入る事を入梅とか、あるいは陰暦では梅初月(うめはつづき)、梅色月(うめいろづき)なんて使っていたようです。

梅は古くむかしから日本の四季を表現する代表的な食材といっていいと思います。

三日三晩の土用干し

その名の通り土用の晴天の日に梅の実と固く絞ったしそを取り出して大きなざる(もしくはござなど)で三日三晩干しつづける事を言います。
夜も外に出しておくのは夜露によって梅の皮がやわらかくなるのだそうです。

※土用
土用とは立秋(秋の初め:現在の太陽暦8月8日頃)の前18日、すなわち7月20日頃から8月8日までになります。
土用の日とは立春(2月4日)、立夏(5月6日)、立秋(8月8日)、立冬(11月8日)の前18日をあらわしますが、「土用の丑の日にうなぎを食べる」など通常は夏の土用(7月20日前後)を指して言う事が多いようです。

ぺージ上部へ
運営会社個人情報保護方針お問合せサイトマップ Copyright (C) 2003 Kohsei foods.co.ltd. All Rights Reserved.