HOME > おつけものまめ知識 > 梅干のマメ知識
まめ知識メニュー
梅干のマメ知識
梅干し(うめぼし)とは、ウメの果実を塩漬けした後に日干しにしたもので、漬物の一種です。
「おにぎり」や「弁当」などに使われ、日本の身近な食材である。
なお、塩漬けのみで日干しを行っていないものは梅漬けという。

梅酒が熟していない青梅を用いるのに対し、梅干しは6月頃の熟した果実を用います。

塩漬けにした後3日ほど日干しにします(これを「土用干し」という)。
この状態のものを白干しと呼び、保存性に優れているが、塩分が多く20%前後となる。近年市販されている一般的な梅干しは、白干しのものを水につけ、塩分を減少させ味付けを施した調味漬けのものが多い。

調味漬けの梅干しには、シソ(赤じそ)の葉とともに漬けて赤く染め風味をつけたしそ梅、昆布とともに漬けて味をつけた昆布梅、鰹節を加えて調味した鰹梅、蜂蜜を加えて甘くしたはちみつ梅などがある。
これらの梅干は「調味梅干」と表記されます。
なお、減塩梅干や調味梅干は塩分が少なくなることで保存性が下がり賞味期間が短く設定されることが多い。


伝統的製法による梅干しの土用干し
すべての梅干しに共通した特徴として、酸味が非常に強いことが挙げられます。
この酸味はレモンなどの柑橘類に多く含まれるクエン酸に由来し、そのため梅干しは健康食品としても知られています。

しそ梅を漬ける際一緒にした赤じそを乾燥させて粉末状にすると、副産物としてふりかけでおなじみの「ゆかり」ができる。
ウィキペディアより
ご意見、アイデアは おつけもの掲示板へ おつけものでおいしいクッキング
おすすめレシピ 自分で作れるお漬物の素はショッピングコーナーへ
ぺージ上部へ
運営会社個人情報保護方針お問合せサイトマップ Copyright (C) 2009 Kohsei foods.co.ltd. All Rights Reserved.