HOME > おすすめお漬物レシピ > 一覧 > ホンカク(?)キムチ
Twitterはじめました!
ホンカク(?)キムチ
ホンカク(?)キムチ
今日は、韓国料理の本を見て、本格的なキムチを作ってみようと思いました。
ちょっとだけ苦手なニンニクを使ったり、漬ける時間も長いみたいですが、がんばってやってみます!
材料のうち、本当は「せり」と「あみの塩辛汁」を使うそうです。でも、スーパーで見当たらなかったので「せり」はなしで「あみの塩辛汁」の代わりに「イカの塩辛」を使うことにしました。
材 料
白菜:1kg(1/2割くらい)
大根:125g
生イカ:80g
ねぎ:1/2本
ニンニクみじん切り:6g(小さじ1杯ほど)
しょうがみじん切り:6g(小さじ1杯ほど)
粉唐辛子:2.5g
塩:40gと4.5gと2g
イカの塩辛:25g
砂糖:3gと2g
かつおのだし汁:75cc
梨の絞り汁:1/8個分
1.手順その1
?白菜の下漬けをします。
白菜を良く洗い、250ccの水に40gの塩を溶かした塩水に一晩漬けます。今回もよく浸るようにポリ袋で漬けることにしました。冷蔵庫で漬け込みます。
2.手順その2
?下漬け白菜の水切りをします。
一晩下漬けした白菜を洗って、水気を切ります。

?大根と粉唐辛子を混ぜます。
大根は千切りにして粉唐辛子をまぶし、15〜20分置いて色を染めます。
3.手順その3
?ねぎ、いか、ニンニク、しょうがを混ぜて素を作ります。
ねぎは千切りにして生イカは内臓を取って小さくそぎ切りにします。今回はイカそうめんを買ってきてそのまま使いました(またしても手抜き・・・)。ニンニクとしょうがのみじん切りと一緒に?の大根のボールに入れます。

?塩、砂糖、塩辛で素に味付けします。
?のボールに塩4.5g、砂糖3gを振りかけ、さらにイカの塩辛を分量の約半分を入れて混ぜます。
4.手順その4
?素を白菜にはさみます。
?の素を?で水切りしておいた白菜の葉の間にはさんでいきます。本当はカメなどの容器に入れて漬けるのですが、今回もやっぱりポリ袋で漬けます。この状態で半日ほど置いておき馴染ませます。
5.手順その5
?残りの調味料とだし汁、梨の絞り汁を加えます。
完成!!!
漬け液が白菜にしっかり漬かるように、ポリ袋の空気を抜いて封をし、冷蔵庫で漬け込みます。15〜20日くらいで食べ頃になります。


思ったよりは難しくなかったです。それに匂いもそんなにキツくなく、唐辛子も少なめで辛くなさそう。でも、15日後にしか食べられないのでうまく出来ているのかどうか心配です。シツチョーには、「15日も漬けておいたらイカの塩辛の賞味期限を越えてしまうけれど大丈夫なの?」とスルドイ指摘をされましたが・・・そう言われてみるとそうなんですが・・・きっと発酵するので賞味期限が過ぎても食べられるのです!!!きっと・・・。うーん、ちょっとだけ心配。。
6.15日後・・・


☆漬かった様子☆

今日で、漬けてから15日が経ちました。本には15日〜20日くらいで食べごろと書いてありました。
試食してみよう! ということで、冷蔵庫から取り出しました。(大丈夫なのかなぁ???)
色は薄いオレンジ色で、キムチなのかどうなのかは見た目では良くわかりません。
香りは・・・すっぱくて少し生臭い、でも発酵した香りで、嫌な感じはありませんでした。
ひとまず、食べられそうな香りだったので、ホッとしました。
アオキさん感想
いざ、試食・・・・・
すっぱい〜〜〜〜〜。じゅわーっとすっぱくて、炭酸水のようなピリピリ感がありました。発酵しているんですね! 
乳酸菌によって乳酸ができてすっぱくなって、酵母の発酵では炭酸ガスが出るんだと思います。まさに、発酵食品。お腹にすごく良さそうです。
その他には、ショウガの味とイカの味がします。ニンニクは意外に強くなく、唐辛子も辛くなくて食べやすかったです。
なんだかちょっと癖になりそうな味。体もポカポカしてきました。
でも、これが韓国のキムチ(韓国料理のレシピなので)なんですねぇ。。
よく市販されているキムチとは、全然違います。
キムチって、奥が深いですね!
評価:★★★★
ご意見、アイデアは おつけもの掲示板へ お漬物でおいしいクッキング
おすすめお漬物レシピ お漬物の素の販売・購入はショッピングコーナーへ
ぺージ上部へ
運営会社個人情報保護方針お問合せサイトマップ Copyright (C) 2009 Kohsei foods.co.ltd. All Rights Reserved.