HOME > おすすめお漬物レシピ > 一覧 > 小なすのからし漬
Twitterはじめました!
小なすのからし漬
小なすのからし漬
今日スーパーに行ったら小さい小なすが売っていて、とてもかわいかったので買ってきました。
この小なすを使って、からし漬を漬けようと思います。
そういえば以前、ヒトミちゃんがなすのからし漬を漬けていました。

ヒトミちゃんのレシピはこちら

今回は、酒かす入りのからし床で挑戦します!
材 料
小なす:6個(約150g)
塩:5g(小なすの重さの3〜4%)
焼ミョウバン:少々

本漬材料
下漬け小なす、乾燥米麹:15g、酒かす:15g、醤油:大さじ1/2、砂糖:大さじ1、水:大さじ1、からし(粉からし:小さじ2、ぬるま湯:大さじ1/2)

焼きミョウバン(10g×5袋)# 焼きミョウバン(10g×5袋)#
この商品の詳細・ご注文はこちら
1.下準備1
1.へたを取ります。
小なすを洗って、へたのひらひらしているところを切り取り、ポリ袋に入れます。

2.塩と焼ミョウバンを混ぜます。
塩と焼ミョウバンをよく混ぜます。
2.下準備2
3.塩をよくすり込みます。
焼ミョウバンと混ぜた塩を2に加え、小なすの皮によくすり込みます。

4.漬け込みます。
小なすからきれいな色が出てきたら、ポリ袋の空気を抜いて封をします。このまま2日ほど塩漬けします。


続きは2日後・・・
3.本漬け手順1
小なすを下漬けして2日が経ちました。すごくいい色に漬かっています!
さて、今日は本漬けです。

1.材料
下漬け小なす、乾燥米麹:15g、酒かす:15g、醤油:大さじ1/2、砂糖:大さじ1、水:大さじ1、からし(粉からし:小さじ2、ぬるま湯:大さじ1/2)

2.醤油と砂糖と水を混ぜます。
醤油、砂糖、水を小鍋に入れてひと煮立ちさせ、少し冷まします。

3.米麹と酒かすを混ぜます。
2の荒熱が取れたら、温かいうちに米麹と酒かすを入れて、よくすり混ぜます。
4.本漬け手順2
4.からしを練ります。
粉からしにぬるま湯を入れて、よく練ります。

5.からし床を作ります。
3に4のからしを入れて、さらによく練り、からし床を作ります。

6.下漬けなすを洗います。
下漬けなすを良く洗います。
5.本漬け手順3
7.なすの水気をふき取ります。
なすの水気をキッチンペーパーでよくふき取り、ポリ袋に入れます。

8.漬け込みます。
7にからし床を入れてなすによくなじませ、しっかり空気を抜いてポリ袋の空気を抜きます。このまま冷蔵庫で5日間漬け込みます。


小なすのわりにからし床がたっぷりになりました。贅沢な感じです。
からし漬はとても辛いのでなかなか食べられませんが、米麹や酒かす、砂糖でまろやかに美味しく漬かるといいです。
材料はちょっと凝っていますが、作ってみると意外に簡単でした!
5日後が楽しみです。
6.漬け上がり
小なすのからし漬の本漬けをして、4日が経ちました。
からし床の色がちょっとくすんでいます。うまく漬かったでしょうか?
取出して盛り付けました。
アオキさん感想
食べてみると、あれ? 辛くない・・・
どうやらからしの辛さが飛んでいってしまったようです。
辛くないので食べやすいのですが、からし漬けにしては物足りません。
でも、思ったより小なすはジューシーで、酒かすの香りもして美味しかったです。
時間が経ってもからしの辛さが保たれているようにするには、どうしたらいいのでしょう? 下漬けしてあるのでもっと早く食べればよかったのかな??
市販のからし漬は、とっても辛いのに、何か秘密があるのかもしれないですね。
評価:★★★
ご意見、アイデアは おつけもの掲示板へ お漬物でおいしいクッキング
おすすめお漬物レシピ お漬物の素の販売・購入はショッピングコーナーへ
ぺージ上部へ
運営会社個人情報保護方針お問合せサイトマップ Copyright (C) 2009 Kohsei foods.co.ltd. All Rights Reserved.