HOME > おすすめお漬物レシピ > 一覧 > 豆腐作り
Twitterはじめました!
豆腐作り
豆腐作り
豆腐2丁分(やや少なめ)です!!
材 料
乾燥大豆:300g
水:10カップ
にがり:15ml
1.大豆の下準備
大豆は新しい良質の物を選び水洗いします。
水が濁らなくなるまで良く洗います。

ここで、大豆が悪いと美味しい豆腐になりません。よいものを選んでくださいね。古い大豆は特に美味しくありません。
2.浸す
たっぷりの水に夏は10時間、冬は15時間くらい浸します。

大豆はふやけるとまん丸だったのが、生の大豆の形にぷっく理膨らみます。
重量は 約2倍になります。

ふやけたら、ざるにあけ水を切ります。
3.砕く
まず、1/3の量の大豆をミキサーに入れ、水2カップを加え、約3分砕きます。

同じ作業を3回行います。
(全量が入るには3リットルくらい入る大型ミキサーが必要です。家庭用でしたら3回に分けて下さい)

出来上がったものが呉汁です。


4.お湯に呉汁を加える
残りのカップ4のみずを大き目の鍋(このあと、呉汁をいれてにこむと泡が発生するので15リットル以上あるものが良い)でわかします。

お湯が沸いたら、呉汁をそこに足していきます。この時泡が浮きますので、網ですくってすてます。(取りすぎると減ってしまうので大きい物だけ取り除く)


5.煮る
泡を取った呉汁を強火で煮て、沸騰したら火を弱め5分くらい煮ます。絶えず、しゃもじで底のほうを中心にかき混ぜます。

※かなり焦げやすいので注意!!
6.絞る
煮た呉汁をこし袋(木綿などの木綿でも良い)に入れ、よく絞ります。しゃもじで押したり、木の棒で挟んで押したりします(左写真)。

結構力が要りますよ。

絞った汁を豆乳、残りがおからです。
7.にがりを打つ
にがり15mlをカップ1のお湯(分量外)で溶かします。(にがりは
液体なので、混ざればよいです)

豆乳を火にかけ、しゃもじでかき混ぜながら75℃になったところで、にがりを流しいれ混ぜます。

温度はちゃんとはかって下さい。失敗の原因です。

にがりをいれたら、絶対に勢いよくかき混ぜてはいけません。そこの方からゆっくり円を描くように中心に向かって寄せるようにしゃもじを動かします。
8.固める
10分くらい放置すると固まってきます。しゃもじで固まりをほぐしてみて、上澄み液がでれば次の段階に進みます。白い汁が出たらもうしばらく放置します。
9.枠入れ
枠にさらし布を引き、かたまった豆乳をお玉ですくいいれます。
10.枠入れ
表面をさらし布で覆いフタをします。
11.水を抜く
軽い重石をし(今回は軽量カップに水を張ったもの)30分くらい水を抜き固めます。
12.出来上がり!!
豆腐とおからが出来ました。
サッチー感想
もっと難しいかと思ったけど、とっても簡単に出来ました!

乾燥大豆はスーパーの乾物コーナーにあるので、年中手づくり豆腐とおからを楽しめますね。

温かい出来立てのお豆腐はスーパーで買ってくるのとはひとあじちがったおいしさです!!是非お試し下さい。
評価:★★★★★
ご意見、アイデアは おつけもの掲示板へ お漬物でおいしいクッキング
おすすめお漬物レシピ お漬物の素の販売・購入はショッピングコーナーへ
ぺージ上部へ
運営会社個人情報保護方針お問合せサイトマップ Copyright (C) 2009 Kohsei foods.co.ltd. All Rights Reserved.