HOME > おすすめお漬物レシピ > 一覧 > はちみつ容器で塩麹を作る
Twitterはじめました!
はちみつ容器で塩麹を作る
はちみつ容器で塩麹を作る
はちみつ容器(容量900ml以上)を使えば、塩麹作りも簡単にでき、衛生的で熟成・保存・使用にとっても便利です。
材 料
米麹(乾燥タイプ):300g
塩:80g
水(ミネラルウォーター):450〜500ml
C米こうじ(乾燥タイプ)300g C米こうじ(乾燥タイプ)300g
この商品の詳細・ご注文はこちら
はちみつ容器(容量900ml以上)を使うと、とっても簡単に「塩麹」作りができます。
容器のまま使えて保存ができるので、とっても便利です。
準備や洗い物も少なく、作業時間がとっても短縮できます!
1.準備−米麹を入れる
米麹(乾燥タイプ)・塩・水、そしてはちみつ容器。
準備は、これだけです。
はちみつ容器は、900ml入りのものを使用します。 米麹の袋の端を切り取ります。
※全部開けると入れにくくなります。
2.米麹を入れる−塩を入れる
3歳の子供でも入れられます。※大人がついてあげましょう。 米麹(乾燥タイプ)の中に入っている乾燥材は、必ず取り出してください。 塩は入れにくいので、漏斗(じょうご)やきれいな紙を円錐に巻いて使うと簡単です。
3.混ぜる−水を入れる
塩と麹が入ったら、フタをしてよく振り、混ぜ合わせます。 はちみつ容器なら簡単に混ぜ合わせられます。 水を入れます。
人肌程度(30〜35℃ぐらい)に温めると塩が溶けやすくなります。
4.混ぜる2−熟成させる
そしてまたフタをしてよく振ります。
容器が半透明なので、塩が溶けたか確認できます。
慣れてくると15分ぐらいでできます。 いつから熟成させているか分かるように、ポストイットなどを使うと便利です。
5.熟成中は
熟成中は、ガスが発生するので、はちみつ容器の先端のフタをゆるめます。外して乗せておけばOKです。 1〜2週間ほど熟成させると塩麹のできあがりです。
1日1回程、容器を振って混ぜましょう(※フタを必ずしめましょう!)

【ポイント】
・混ぜ合わせる時は、必ず先端のフタを閉めましょう!
・そのままかけて使えます。塩麹がスプーン等に触れないで衛生的です。
・容器のごと冷蔵庫に保存できます。
・使用用と熟成用の2セット用意すればさらに便利です。
ご意見、アイデアは おつけもの掲示板へ お漬物でおいしいクッキング
おすすめお漬物レシピ お漬物の素の販売・購入はショッピングコーナーへ
ぺージ上部へ
運営会社個人情報保護方針お問合せサイトマップ Copyright (C) 2009 Kohsei foods.co.ltd. All Rights Reserved.